ごぶさたー

生きてます。

 

しかしなんだね、更新の習慣というのはなかなか身に付かないもので、

思えば僕も長続きした趣味がとんと無い。

 

小説を書いてみたり、作曲に手を出してみたり、漫画を描いてみたり、

卓球を始めてみたり、女装に興味を持ったりして

そのたびにいっちょ噛みしたジャンルたちが屍の山のようにつみあがっている現状。

 

飽きっぽいのが問題なのだ。

5秒で興味を持ち、5秒で飽きるという非常に燃費の悪い癖がある。

ラッコだってここまで節操無いことはないだろう。

 

しかし。

興味を失ったら二度とノータッチということがないのが救い。

時代はめぐるというか、以前離れた趣味でもまた戻ってくることがよくある。

 

だから、何かのジャンルに飽きた時もその時の資料や道具はなるべく処分せずに

取っておくようにしている。

もしまた戻ってきたときに、困らないように。

 

でも……女装に興味を持った時に買った「オンナノコになりたい!」という本を

所持し続けるのは実家暮らしにはちょっときつい……。

きっとまた女装したくなることもあるだろうし……。

 

 

 

 

【コメント返信】
>stvk
>(日曜日, 23 2月 2014 23:54)
>喉ってところがまたやらしいよね、だなんて断じて思ってない

 

のどわじめ、って技があるらしいけど、花粉が入ってきたぐらいで
激おこぷんぷん丸になるボディが、喉に入ってくる男性器を
受け入れられるのか今から心配。