Youの友達の家の玄関はどんな感じ?

「友達の家の玄関」と聞かれたら、どんなイメージが浮かぶだろう。

 

おそらく各々いろいろな玄関が浮かんでは消えているだろうが、

そんなことは別にいいとして僕が自分なりに、小学校から高校に至るまでの

友達の家を尋ねた経験を基にして総合的な友達の家の玄関をイメージしてみたのが以下である。

 

どうぞ。

(1)犬のいない犬小屋

(2)光量の足りない蛍光灯(大体5時頃から点灯される)

(3)塀ではなく内側の家の壁にかけてある表札

(4)インターホン(日に焼けて黄色くなっている)

(5)引き戸

(6)葉っぱ(よく刺さるので注意)

(7)塀に設置されたポスト

(8)放置されたジョウロ

さて、どうだろう、

読者の方々の思い浮かべる「友達の家」と、

どこまで違っていただろうか。

 

一般には蝶番で押すもしくは引くタイプのドアが広く普及しているだろうが、

なぜか僕の友達の家は引き戸が多かった。

 

しかもたいてい立て付けが悪くて重く、引くたびに

「ギャラガギャラガギャラガギャラガ!」みたいな音を立てていた覚えがある。

 

そして、やたらと子供の遊び道具が放置されているイメージがある。

ジョウロやら、三輪車やら、スコップやらが無造作に置かれている様子は

廃墟になった遊園地をミニチュアにしたみたいでびっしょり寂しい。

 

 

さて。

自分の友達の家のイメージをこうやって描いたところで、

答え合わせといこう。

 

実際にグーグル先生で「友達の家 玄関」というキーワードで、

画像検索してみるのだ。

 

そこで最初に出てきた画像がおそらく最もオフィシャルな友達の家の玄関だろう。

 

果たして僕の想像している玄関は、オフィシャルなものだったのか。

あるいは全然的はずれだったのか。

 

期待と不安に胸を膨らませつつ、僕は検索ボタンをクリックした。

果たして。

 

 

カチッ

 

 

 

 

これは・・・・・・もしや

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

土器

 

 

 

そうか、友達の家の玄関はつまり土器だったのか……

ドキドキしていた時間を返して欲しいNE。

 

それにしても本人がかなり大きいと認めるような

でかい土器を玄関に置かれた友達の心境が気になるものだ。

嫌がらせにしては太古ロマンのスペクタクルを感じるし。